×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから赤ち

待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、赤ちゃんのために身体を大事にしました。妊娠初期は特に注意が必要だと母も医師も異口同音に言っていました。

 

多くの本や雑誌、インターネット上の記事に妊娠初期から葉酸を多く摂らなければならないと書かれていたので、思い立ったとき、すぐにサプリメントを買いました。ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、そんなときもサプリメントは飲めたので空腹でも飲めたのがありがたかったです。
そろそろ赤ちゃんを、というとき葉酸の効果が注目されています。大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。

 

 

 

赤血球を作るのに役立つだけでなく、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのには葉酸が必要不可欠のため、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。加えて、葉酸は子宮内膜を厚くするために必要で、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。

 

妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、冷えが厳禁の妊活においては飲まないようにした方が良いと言えます。

 

 

ですが、今までコーヒーをいつでも飲んでいて飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。そんな人は結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日あたり3杯を限度として飲む方が、ストレスが厳禁な妊活には良いでしょう。
人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身に血液が良く行きわたるようにすることが有名でしょう。

 

末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性や不妊を引き起こすともされているのでもしそうした症状にお悩みなら意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。また、ビタミンEを同時に摂るとさらに血行を良くする効果があります。お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。

 

 

 

妊娠成立から出生前の赤ちゃんにとって葉酸が必要なだけでなく、無事に生まれた後も、母子両方に必要な栄養素です。

 

 

葉酸は、細胞分裂が最も盛んな妊娠初期に多く使われるため、妊娠したときのために、その前から積極的な葉酸の摂取を心がけておけば赤ちゃんのためには良いでしょう。妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるので自分の生活習慣に合わせて、サプリメントや錠剤などで補うことをすすめます。