×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

体を妊娠しやすい状態にするために大

体を妊娠しやすい状態にするために、大変重要なのは質の良い睡眠です。

 

 

ヒトは睡眠不足が続いてしまうと活性酸素が増えてしまい、その結果、卵子、精子が酸化されて劣化することになります。

 

 

年齢が上がるにつれ、衰えていく性機能を少しでもキープするため、がんばって妊活をしている時はしっかりと睡眠をとりましょう。妊娠を希望して妊活を始めたその時から葉酸を摂るように心がける事が良いといわれています。

 

お腹に赤ちゃんが出来る前に体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事が体内の赤ちゃんの先天性奇形の予防においてとても効果があるのです。妊娠3ヵ月頃までは、もちろん続けて摂取していく事が大事になってきます。

 

 

妊娠によって日常生活も心理状態も変わるのでその変化が身体にとってストレスとなり、ストレスが自律神経に影響することもあります。
多くの方に起こるつわりは、妊娠初期にホルモンバランスが変わることや、毒素を排除しようとすることから引き起こされるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じるものでもあるようです。

 

 

 

葉酸は、ストレスへの耐性を高める役割を果たしています。そのためつわりの軽減にもつながると言えます。妊娠した女性は、葉酸をしっかり摂らなければならないとあちこちで聞かれますが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。
受精してから着床が完了するまでは細胞分裂が活発に行われるので、葉酸の役割が重要になってきます。
このことを考えれば、お子さんが欲しい男女にとって葉酸は大事な栄養素であり、お腹の中で胎児が健康に育つためにも絶対欠かせない栄養素なので、妊娠前から出産後までの摂取が大事になってくるのです。

 

知ってのとおり、葉酸の効果については様々なものがあり、胎児が発育していく時に脳や神経を作り出すという事で、妊娠時の場合は1人分だけではなく、2人分が必要になってしまうので不足しやすくなるとも言われています。葉酸は特定保健用食品に指定され、子供の二分脊椎をはじめとする障害を予防するといった効果もあると書かれており、正しく摂取するのが良いと思われます。