×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水溶性ビタミンとして葉酸は食品の保

水溶性ビタミンとして、葉酸は食品の保存や調理の過程で水に溶け出してしまうのです。そして、熱に弱いのも特長なので水に長く浸したり、長い時間加熱したりすれば栄養素が半減することも考えられます。だからといって、生野菜を大量に食べようとしてもなかなか難しいですよね。

 

 

 

それならば、調理するときには長い時間ゆでずに、湯通しで済ませるなど考えていくことが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、何冊かの女性誌の特集記事で妊娠前からサプリメントなどで葉酸をしっかり摂れば胎児がすこやかに発育するのには最も良いと、同じことが書かれていたため、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。
妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、摂りすぎに注意していればどの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。妊娠すると葉酸がたくさん必要になると言って、妻はサプリメントを飲み始めました。

 

 

初めは静観していましたが、妻に、自分も飲んでみたいと言ったところ、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」ときっぱり言われたのです。

 

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと自分も葉酸のサプリメントを飲み始めました。何が大きく変わったと言うこともありませんが、強いて言えばお酒が翌日以降も残ることがなくなって、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。

 

子供を授かりたいと思うならば毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、特に葉酸の不足が問題で、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。

 

 

ビタミンB群の一つである葉酸は、摂取しても尿に溶け出しやすいので体内に蓄積されにくい性質を持った栄養素なのです。その名の通り、モロヘイヤ、ほうれん草といった葉物野菜、またレバーなどは葉酸が豊富な食材なので、そのような食材を毎日食べるようにしましょう。

 

実は、葉酸は妊娠する前より意識的に摂るのがおすすめとされています。

 

妊娠の初期にも胎児の奇形を防ぐために摂る事が大切になってくる栄養素なのです。葉酸はほうれん草やレバーなどにいっぱい含まれる栄養素ですが、毎日意識的に食品から摂るのは手間もかかり大変ですので、葉酸サプトを使うといいのではないでしょうか。